エアコンの節約

エアコンの節約

電気代を節約する上で、最も電気代のかかるイメージのあるのが、エアコンではないでしょうか。年々進歩している家電の一つですが、とはいっても新しいタイプでも電力の消費量が大きい家電には変わりありません。それでは、このエアコンの電気代を節約するには、どのような方法があるか考えて見ましょう。

まず、エアコンを使う季節としては、主に夏と冬になるのでないでしょうか。季候の良い春と秋には、ほとんどの方がエアコンを使うことなく、快適に過されているのではないでしょうか。そこで、夏と冬それぞれの場合の節約方法として、暑い夏の場合、設定温度を出来る限り下げすぎないようにする事が節約になります。一番簡単な方法としては、室内では極力薄着になることで、体感温度が変わります。また、家族で好みの温度が違う場合には、部屋内のどこが冷えやすいかを考えて、定位置を決めるのも良いのではないでしょうか。また、冷房の冷たい空気は足元だけにたまり易いので、扇風機と併用する事で、空気を循環させると共に、扇風機の風を感じることで体感温度を下げる事もできます。次に冬場の暖房ですが、こちらは重ね着をすることで、設定温度をあまり上げすぎないようにして節約が可能です。暖かい空気の場合は上にたまりますので、この場合でも扇風機を併用して部屋内の空気を循環させることで、足元まで暖かくすることができます。ただし、夏場とは異なり直接風があたると体感温度が下がりますので、上のほうを向けて風を送るようにしましょう。また、暖房使用時には特に足元が冷えやすいので、コタツやホットカーペットなどと併用して、トータルで節約を考える事もおすすめです。そして、夏・冬いずれでエアコンを使う場合でも、エアコンの設定で風量を変えることができますが、風量を弱くすれば電気代が抑えられるものではありません。弱くする事で部屋全体まで風がいきわたらない為、いつまでも運転を続ける事になります。節約を考えると、あまり細かい調整を自分でせず、賢くなった機械にまかせて自動設定にする方が、効率的に部屋を快適な温度にして、運転を停止したり、再度動かしたりと細やかな節約をしてくれます。

それ以外のちょっとした節約としては、春・秋はエアコンの電源を元から抜いておくことで待機電力が節約できます。夏・冬の運転を始める季節の前には、フィルターをきれいに掃除しておく事で、効率よく稼動させる事ができます。ダンスの魅力は、シーズンが終わった後も掃除をして、できれば埃がつかないようにビニールを被せておく等できれば、なお効果的です。

エアコン節約には、あまり使わない工夫や、外気温との差を小さくする事でかなりの節約になりますので、体調を壊すような無理が無い程度で取り組んでみてはいかがでしょうか。